浮気と不倫、罪になるのは?

日本は全ての決定や判断を、国家の定めた法律に基づいて行う法治国家です。浮気と不倫では、罪になるのは不倫です。もちろん浮気はしてはいけない事ですが、不倫はもっとダメな事です。その答えは簡単で、結婚してしまっているからです。法治国家である日本では、不倫は不法行為であると認定されています。
しかも、不倫は1人では決して行うことができず、相手がいて初めて成立するのですから、共同不法行為ということになります。1人だけが罰せられる訳ではないのです。ですので、不法行為の要件を満たしている不倫であれば、この侵害行為によって生じた損害を弁償する責務も発生してきます。損害を弁償するとなると、ただ謝れば済むものではなく、それなりの弁償を要求されます。その損害を弁償できると言う自信があって不倫をしてもらいたいものです。
最近では、簡単に不倫や浮気する人が多いようですが、テレビドラマなどの影響もあるのでしょうか。どれだけ大変な事か分かっていないのでしょうか。ある芸能人の方が「浮気は文化だ」という軽々しい発言をされていました。今では「名言」になっていますが、実際には。そんな事で逃れられるほど甘くないのです。
不倫をした配偶者に対して、「精神的苦痛を味わった」とお金を請求することを「慰謝料の請求」と言いますが、法律では「不法行為における損害賠償請求」ということになるようです。ですので、そのような内容の裁判に行けばわかりますが、「浮気の慰謝料請求事件」とは書かれておらず、他の不法行為事件と同じく「損害賠償事件」と記されているようです。浮気も不倫も決してしてはいけない事なのです。