浮気と不倫の違い

浮気と不倫の違いと聞かれて簡単に答えられる人はいるのでしょうか。浮気や不倫といった男女間の問題は、世に男と女が存在する限り発生することだと思います。浮気と不倫は同じ意味かと思っていましたが、辞書によると、「浮気」は「男女間の愛情が浮ついて変わりやすいこと、多情なこと」「他の異性に心を移すこと」などとあります。一方「不倫」は、「道徳に外れたこと。特に男女関係で人の道に背くこと」と定義されています。辞書でも明確に違う事が書かれています。
つまり、浮気は肉体関係の有無に関係なく、配偶者や恋人以外の人に心を移すことで、両者あるいはどちらかが結婚している状態で、配偶者以外の異性と肉体関係まで発展した場合に「不倫」となるようです。要するに、浮気は取り返しややり直しがききますが、不倫となると深刻さが増すと言う事でしょうか。
私も浮気より不倫の方が「いけない事」という認識ですが、「浮気」にせよ「不倫」にせよ、それにより傷つく人がいるという点は同じです。浮気問題がこじれると刀傷沙汰に及ぶこともありますし、最悪となると殺人事件や自殺といった生死にかかわる問題にまで発展することもあるのです。
「浮気や不倫は絶対ダメ」といったところで、人の心は常に変わってゆくものです。大事なことは、浮気や不倫があった場合、それらをバネにいかに心を成長させていくかではないでしょうか。そして浮気した人には、どれだけいけない事をしたのかを理解し、意識して欲しいものです。ただ、「状況は常に変わっていくもの」と、諦めるのではなく、どのような状況にも対処してゆけるような心を養っておくべきだと思います。